採用管理システムを活用してビジネスを効率的に

採用活動は煩雑で膨大な事務作業に悩まされるハードな仕事です。本来であれば力を注ぎたい人材を選定する作業に集中することができなかったり、反応が遅れて優れた人材を逃がしてしまったり、個人情報を漏洩する危険性に備える必要があったりと、たくさんの問題が山積みになっています。そのような問題を色々な面からサポートしてくれるツールが、採用管理システムになります。採用管理システムは、効率的に採用の業務を管理してくれるシステムのことを指しています。募集にまつわるセミナーや求人広告などを管理したり、応募した方にまつわる情報を一元管理したり、採用するまでの進捗やスケジュールを管理したりする作業をシステム化することによって、業務を効率化することができます。

採用対象者による採用管理システムの違い

採用管理システムは採用する対象によって異なります。新卒者を採用する場合は、内定者に向けたページを作成することができ、研修のスケジュールを連絡したり、メッセージを交換したり、課題を提出したりすることができるようになっています。中途採用を対象にしている場合は、応募してきた方が経験のある職種や業界を集計して分析した結果がレポート化できます。外国人の方を対象にしている場合は、多言語に対応しているマイページを設定できる上に、適性検査についても応募する方が行いやすい言語に対応させることができます。採用管理システムの中には、新卒採用と中途採用の両方を管理することができるものもありますが、採用の活動は対象になる人により違うので、採用管理システムに搭載される機能も、それに伴ってサポートする機能や、管理する業務が違ってきます。

採用管理システムでプロジェクト管理

採用管理システムは、採用担当者だけが利用する場合と、応募する人も利用する場合があります。応募する人も利用するときには、マイページを応募する人がそれぞれ持つことが可能で、採用管理システムを介してエントリー・メッセージをやりとりすることができ、直接採用担当者と簡単にコミュニケーションをとることができるようになります。採用管理システムでは、セミナーの開催から採用に至るまでのタスクとスケジュールを一覧で表示し、プロジェクトの設定を行います。プロジェクトの全体像を採用管理システムで見渡せるようにして、タスクごとに作業する人を割り当てることによって、忙しくても、管理者とそれぞれの担当者がお互いにチェックすることができ、作業漏れが発生するのを防ぐことができます。

この状況において、いかにブラックボックスをなくし=アルバイト・パート採用のすべてを「見える化」し、より適切な採用手法の導入、適正な採用予算配分を行っていくか。その答えを導くのが「リクオプ」なのです。 採用管理システムについてお悩みならご相談を!