採用管理システムにまつわる知識

採用管理システムは、応募してくれた方の情報を性別や年齢、大学名などで検索をしたり、応募してくれた方の情報を閲覧することができます。ですので、採用管理システムを導入すると応募してくれた方の情報を探し出したたり、特定のグループに抽出する作業にかかる時間や手間をかなり減らすことができるという知識を得ておくと役に立ちます。採用管理システムのデータベースの中にある応募してくれた方の情報だけでなく、エントリーシートを閲覧したり、出力したりすることが可能であることも知識として得ておくと役に立ちます。出力したエントリーシートはデータベースに登録されている情報とともに面接のときに使う資料としても活用することができますので、このことも知識として得ておくと役に立ちます。

採用管理システムについて知識として得ておくと役に立つこと

採用管理システムは、応募してくれた方と面接官の面接を行う日時のスケジュール調整をしてくれる上に、面接を行う日時が確定したときに、応募してくれた方と面接官のそれぞれにメールで連絡を入れてくれ、予定が変更になったときにスケジュールをもう一度調整したりする作業までも一元的に管理することができるということを知識として得ておくと役に立ちます。そして、面接が行われる前の日にメールやアラートという形でお知らせが発信される機能も搭載されていて、面接を行う日を忘れてしまうことを防止することも可能になっていることも知識として得ておくと役に立ちます。採用管理システムは、選考の進捗や最終的な結果、内定、入社に至るまでの進捗を管理することが可能であることも知識として得ておくと役に立ちます。

メールにまつわる機能を活用して業務を効率化

採用管理システムは、採用活動を時系列に表示したり、選考のプロセスを条件にして検索を行ったりする機能によって、応募してくれた方の現在の状況を一覧で表示させることができるということを知識として得ておくと役に立ちます。採用管理システムは、メールを一括で送信したり、送信したメールの履歴を閲覧することが可能な機能が搭載されています。この機能によってメールを誤って送信してしまったり、応募してくれた方の個人情報が漏えいしてしまう危険性を減らすことが可能であることを知識として得ておくと役に立ちます。応募してくれた方に一斉にメールを送信したり、一定の条件に当てはまる方だけにメールを送信したりすることもできます。そのため、採用管理システムを導入してメールにまつわる機能を活用すると、メールを送信するのにかかる手間や時間を、かなり削減できるということを知識として得ておくと役に立ちます。