採用管理システムのメリットを詳細解説

応募してくれた方の選考スケジュールの調整や管理、エージェントとのやりとりなど、新人を一名採用するのにも、たくさんの費用と時間が費やされます。このような採用にまつわる作業を効率化して、費用も削減させてくれるのが採用管理システムのメリットとなります。採用管理システムは、自分の会社で運営している公式サイトの応募フォームからの応募してくれた人材と、エージェントによって紹介された人材が、別々に管理されていた情報を、まとめて管理して、採用業務を効率化できるというメリットがあります。エージェント自体の情報やまとめて管理できるようになった応募してくれた方の情報を採用管理システムで管理することができるというメリットもあります。応募してくれた方の情報をホームページに簡単に掲載することができたり、エージェントから紹介してくれた人材の情報を受け取ることができるというメリットもあります。

採用管理システムを導入する様々なメリット

会社内のデータベースの情報と連携することができる応募フォームを運営するサイト上に設置できるというメリットもあります。前もって用意してあるフォーマットを利用することがほとんどなため、HTMLを利用することができなくても簡単に応募フォームを構築することが可能です。各種セミナーや面接の日時が確定したときに、応募してくれた方に確認の電子メールが自動的に送られるというメリットがあります。エージェントが利用しているシステムから紹介された人材の情報をダウンロードしたり、採用管理システムを導入する前に自分の会社の中で表計算ソフトなどを使って管理をしていた応募してくれた方の情報を、採用管理システムのデータベースに組み込んで一元管理をすることができるというメリットがあります。

データベースの管理に関するメリット

採用管理システムには応募してくれた方を管理するデータベースから、重複してしまっている可能性がある応募してくれた方の情報を検出することができる機能が搭載されている場合があります。この重複している可能性がある情報を検出する機能によってメールを二重に送信してしまったり、データベースをチェックする手間をかけたりすることがなくなります。応募してくれた方の選考の進捗状況を確認したり、応募してくれた方と面接官のスケジュールを調整したり、応募してくれた方を検索できるようにしたりなど、選考業務にまつわる業務を効率化したり可視化したりするメリットがあります。このように、採用管理システムを導入すると人材の選考や採用に関係する業務に様々なメリットをもたらしてくれています。