気になる採用管理システムの情報です

会社にとって人材は要となる部分になります。その要となる経営資源となる人材を選考したり、採用したり、管理したりする作業は流れが複雑で、雑務に追われがちになります。これらの業務にかかる負担を軽くして、人事を担当する人が選考作業に打ち込むことができるように支援するのが採用管理システムになります。採用管理システムを導入していない会社は、自分の会社が運営しているサイトの人材を募集するページに掲載している情報が充分でなく優れた人材が集まらないという問題を抱えていることがあります。このような問題も採用管理システムを導入して応募フォーム作成機能を活用すれば解消される効果を期待することができます。また、採用の業務はシステム化されていないと他にも様々な問題が発生します。

採用管理システムを導入する効果についての情報

採用管理システムを導入していないと、採用担当者が何人かいる場合、採用活動の全体像を瞬時に把握することができません。採用活動が一つの採用管理システムに集約できていれば、採用担当者が何人いても、リアルタイムに全体像を把握することができます。また、採用管理システムが導入されていなければ、応募してくれた人に対するメールの送信や、電話連絡を忘れてしまう可能性がありますが、採用活動がシステム化されていれば、そういった連絡漏れも防ぐことができます。また、セミナー開催や、面接官と面接を受ける人とスケジュール調整は非常に面倒な作業ですが、採用管理システムを導入すれば、面接官や応募する人と情報をやり取りすることができるので円滑に作業を行うことができるようになります。

サイトの読み手が気軽に応募できる仕組みの情報

離職する人が多いという職場は、募集している人物像が明確になっていないことが多いのですが、採用管理システムを導入すれば、モデリング機能によって募集している人物像を様々な要素から数値化して、応募してきた人と照合することにより、求めている人材を選び出しやすくすることができます。また、自分の会社で運営している公式サイトの人材を募集するページに、最低限必要な募集要項が掲載されているからといって、詳しいことについては問い合わせてくださいと指示されているだけの内容では、会社や仕事内容の魅力を伝えることができないので、読み手は応募に対するモチベーションが薄れてしまいます。採用管理システムを導入すれば、運営しているサイトから気軽に読み手が応募できる仕組みを構築することができます。